スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稼ぐ為に

FX取引を長くやっていると、世界情勢に詳しくなってきます。
また、このポイントでこのポジションで勝っておけば大丈夫ということもわかってくるのです。
世界情勢は流動的ですから決めつけてしまうのも危険ではあるのですが、長年培ってきた感というものはその人にとってのかけがえのない財産であることに変わりはありませんし、ときとしてその感が冴え渡るときがあるのです。
FXについてはいろいろなことが言われます。
ここが買いであるとか売りであるとか、その先のことは誰にもわかりません。
儲けている人の言葉にすがりそうになる気持ちもわかりますが、そういう人たちでも連戦連勝というわけではないのです。
負けることと勝つことを繰り返し、トータルで勝っている人がまさに勝者といえるのです。
負けるときは損害を最小に押さえ、勝つときは最大で勝つということができる人が優秀な投資家といえるのです。
ですから、勝つときは大いに稼がなくてはいけません。
とはいってもFX取引の初心者にとっては最初からそういうふうに考えてもうまくいきません。
まずは負けを最小にするということをしっかりと身を持って体験しなくてはいけないのは間違いありませんし、そのように経験を積むことは大事です。
その中で勝ちの局面は何度か必ずあるはずですから、そのような局面を逃すことなく、勝つときは大胆にかつことが大切になることはいうまでもありませんし、それは誰もが通ってきた道でみあるのです。
スポンサーサイト

自分に合ったポジション

他の項でポジションという言葉を使いました。
ポジションはそのままの意味で自分の立ち位置という意味で捉えてもらったら間違いないと思います。
時には自分の投資に対する姿勢という意味でも構いませんし、ぶれない姿勢として捉えてもらってもいいでしょう。
しかし、ときによって臨機応変にポジションを変えることができる人が優れた投資家といえるのは間違いありません。
株式の世界でもそうですが、FX取引でも長期的なトレンドで相場を見る人がたくさんいます。
もちろん、デイトレードでその日のチャートのジグザグの中で細かく利益を出している人もいます。
ただ、そういう人たちでも大局観として長期トレンドは常に頭に入っていることだと思います。
日本ではリーマンショック以降、景気の緩やかな回復とともに長期的には円安傾向がトレンドでした。
しかしその歩みはとても緩く、この1年で政権が交代してからやっとそのトレンドにスピード感がついてきたということがいえます。
FXはご存知のように円を基本で考えても、円安に振れても円高に振れてもどちらの局面でも利益を出すことは可能です。
デイトレードでは両方のポジションをとってその力加減で損失を最小限にして利益をコツコツと積み上げている人もいます。
そのようなポジション作りもいいですし、長期的な視野でずっと円安狙いのポジションでももちろん構いません。
しかし、相場は生き物ですから長期的なトレンドが確立していても常に監視の目は緩めてはいけないのです。

相場感を鍛える

FX取引の中で、通貨間の金利差で利益を求めることはスワップポイント狙いと呼んでいます。
これは普通に外貨預金をすることと広い意味では同義となります。
ということは短期的に利益を求めるのではなく、長期的に保有、これは預け入れも同様なのですが、長期的に考えなくてはいけないということです。
ある意味堅実名方法といえますし、金利差をしっかり把握しておいて常に監視しておけば少なくとも損をすることはありません。
しかし、一攫千金ということとはほど遠く、計算し尽くされたお金しか手に入れることはできないのです。
それでもスワップ狙いの投資家は多いです。
というのも国内の銀行に日本円で預けておくよりは、確実にそれよりも多くのお金を手に入れることができるのですから当然というわけですね。
よく広告などでの資金管理の面でも外貨預金を勧めるものがありますが、これとまったく同じです。
外貨預金とスワップはイコールと考えてもいいでしょう。
日本円は長年ドルに対して円高傾向が続いてきました。
これはこれで良い面もあるのですが、いっぽうで悪い面があることも事実です。
そして日本経済の動向としては円安のほうがメリットが大きいこともわかっています。
現在は円安に大きく舵を切っています。
これをチャンスととらえて相場観を鍛えて大きなお金を獲得するように日々精進していかなくてはいけません。
それこそがFX取引の投資家にとっては大事な資質であるといえるのです。

スワップポイントについて学ぶ

FX取引の初心者では、スワップポイントといってもわかりにくいと思います。
スワップポイントというのはFX4取引の中で得られる利益の一つということになります。
FXはみなさんもご存知のように、各国で流通している通貨間の取引であることはいうまでもありません。
そして、スワップは「交換する」という意味があるのです。
これらのことからスワップポイントというのは国家間に流通する2種類の通貨を交換することで、生じるそれぞれの通貨の金利差を表しているのです。
もう一つ説明するとFXでは通貨を買った状態、そして売った状態といったそのときの位置をポジションと呼んでいます。
これらのことを総合すると、スワップポイントというのはそのときの金利の高いその国の通貨を購入することで、その通貨を持ち続け、その持ち続けた日数分だけ、金利のような形でスワップポイントを金額として受け取ることができるのです。
これからはわかりませんが、基本的に日本円は長年低金利が続いています。
ですから外国通貨を買っておいて、そのポジションをずっと維持しておくことで、その期間あるいはその日において金利の差額を受け取ることができるというわけです。
一般的には金利の高いことで有名はオーストラリアドルを買っておくことが狙い目とされているのはこのことからもわかります。
一方で、金利差だけで通貨を買ってもそれと同時に為替も変動しているということを忘れてはいけません。
金利差で勝っても為替で負けることがよくあるからです。

勝ち負け

FX取引を始めてみるとわかるのですが、利益を出すのがとても大変なことだということがわかってきます。
インターネットのサイトではFXで稼ぐ、とか副業としてのFXという言葉が踊っています。
FXは副業といっても確実に稼げるわけではありません。
それでもFX取引を始める人は何の根拠があるわけでもないのに、稼げると思ってしまっているのです。
そのような人は最初はある程度のビギナーズラックがあって儲かるかもしれませんが、ある時点で負けが込んできて、結局は手持ち資金がゼロとなってしまうことが少なくありません。
FXで儲けるということはどういうことでしょう。
時々刻々と変動する為替レートとにらめっこをして、対象となる通貨を安く買って高く売ることが目標となります。
また、逆に振れても儲けることができるのがFX取引の特徴ともいえます。
多くの場合、勝ち負けというのは儲かったら勝ちであり、損をすれば負けです。
FX取引の場合は購入した時点でスプレッドがありますから、すぐに売っても購入した額よりも少ない額しか戻ってきません。
これは当然のことですが、FX取引というのは購入した時点で、すでに負けからスタートしているということになるのです。
ですから、まずはトントンになることを目指さなければいけないのは当然のことなのですが、これが意外と大変なのはやってみないとわからないことだと思います。
ですから、FX取引を始める場合はまずは最初の負けの部分を取り返すにはどうすればいいかを考えることが大事だと思います。
プロフィール

sono1984

Author:sono1984
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
お勧めFX会社
ぱっと見テクニカル 120×60 
SBI FXTRADE
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。